LEADロゴ

スタッフ・ブログヘッダー

  1. TOP
  2. スタッフ・ブログ
  3. 「トンネルの先」への視線
検索ボックス
2018年6月
«    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の記事

2013年01月21日

「トンネルの先」への視線

1月5日小寒。そして、20日大寒。 京都の底冷えは厳しい。 「冬」の語源を「増ゆ」に求める説があるらしい。 やせ細った魂を殻に籠もって静かに増殖させることに由来するという。 太陽がもっとも弱まり、死をイメージさせるが、明るい再生をも予感させているとき。 寒さに耐えて春を待つとき。そのような時を一年の始まりとしたのである。 暗くて先が見えずまさに暗中模索でトンネルの中を手さぐりで耐えて突き進んだ時、 トンネルの外はどんな世界が広がっているのだろうか? トンネルの向こうにある様変わりの世界に目を向けて往けられるかどうかが 輝かしい早春を迎えることが出来るかどうかなのかも知れない。 E6A4BF-06569

< | TOP | >